ピロリ菌ってどんな菌? (ピロリ菌 Q&A)

ピロリ菌って何ですか?

ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌です。 胃には強い酸(胃酸)があるため昔から細菌はいないと考えられていました。しかし1983年にオーストラリアのワレンとマーシャルという医師が胃からの分離培養に成功し、ピロリ菌が胃の中に生息していることを報告しました。その後の研究からピロリ菌が胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃癌・胃悪性リンパ腫などの病気に深くかかわっていることが明らかにされてきました。

どのようにしてピロリ菌に感染するのですか?

感染経路ははっきりしませんが口を介した感染(経口感染)が大部分であろうと考えられています。おそらく小さい頃の衛生環境や大人からの口移しの摂食が感染の原因と推察されています。日本人では40才以上の人の数十%がピロリ菌に感染していると考えられていますのでそれほど珍しい菌ではありません。上下水道などの普及によって最近の若い世代では感染率が低くなっています。

ピロリ菌はどんな病気を起こすのですか?

ピロリ菌に感染すると胃に炎症を起こしますがほとんどの人は症状を自覚しません。しかしまれには激しい胃炎の症状を訴える方もいます。慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんはピロリ菌に感染していることが多く、潰瘍の発生、さらには再発や治りにくさにピロリ菌が関係していることがわかっています。最近では胃癌や胃悪性リンパ腫にもピロリ菌が関与していると言われています。

ピロリ菌を除菌するとどうなるのですか?

慢性胃炎・胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人がピロリ菌に感染している場合、薬を服用することによってピロリ菌を退治する(除菌といいます)と胃炎・潰瘍が治りやすくなり、また大部分の潰瘍が再発しにくくなります。

ピロリ菌の除菌とはどのようなことをするのですか?

慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんに検査を行い、ピロリ菌がいることを確かめてから治療を行います。ピロリ菌の除菌療法とは、2種類の抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬の合計3剤を同時に1日2回、7日間服用する治療法です。除菌後約2ヶ月後にもう一度検査して、潰瘍の治り具合とピロリ菌が除菌できたかどうかの確認を行います。なお慢性胃炎・十二指腸潰瘍で除菌した方では、通常、呼気検査で除菌判定を行います。

除菌治療による副作用はありますか?

除菌には抗生物質を使用します。抗生物質にアレルギーのある方(以前、かぜ薬を内服したあとにジンマシンが出たことがある方など)は、除菌治療ができない場合があります。除菌治療中に便がやわらかくなったり下痢になる方がいます。便がやわらかくなる程度でしたら、そのまま内服を続けます。ひどい下痢になった場合は服薬を中止して当院に連絡してください。

除菌治療の効果はどうですか?

除菌治療によって約94%の方でピロリ菌がいなくなります。残念ながら残り6%の方では除菌がうまくいきません。除菌がうまくいかない原因のほとんどはもともとのピロリ菌が抗生物質に対して耐性(抗生物質に対する抵抗力)を持っていたことによると考えられています。除菌が不成功の場合は薬を変更して再度除菌にトライする場合もあります。

当院では除菌治療の流れについてのパンフレットをお渡ししています。
お気軽にお申し付けください。

大腸の病気コラムTOPへ
樫村胃腸科外科

〒416-0908
静岡県富士市
柚木167-3



TEL: 0545-63-8881
FAX: 0545-63-7212