胃・十二指腸の病気

こんな症状があったらすぐに内視鏡検査を!

  1. みぞおちの痛み
  2. お腹が空くとみぞおちが痛む
  3. 食べ物がいつまでも残っている感じ
  4. 胃が気持ち悪い、胃が痛い
  5. 吐き気がする
  6. お腹がいつも膨れているような感じ
  7. 黒っぽい便がでる
  8. お刺身を食べたあとから胃が痛む

胃、十二指腸にもいろいろな病気があります。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌などさまざまです。このうち、胃の痛みや胃の気持ち悪さを自覚する場合は、なんらかの炎症を胃に伴っていることが多く、頻度としては、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが多く見られます。また、胃や十二指腸の潰瘍から出血すると便が黒っぽくなります。黒い便が出たときは、胃カメラで確認する必要があります。内視鏡で潰瘍を確認した場合、当院では同時にヘリコバクターピロリ菌の検査も行っています。ピロリ菌は潰瘍の原因になりますので、症例に応じて、潰瘍の治療と並行してピロリ菌の除菌治療を行っています。

さて、胃癌の場合、ごく早期であれば、ほとんど症状がないこともありますが、多くの胃癌が癌の中心部に潰瘍を伴いますので、胃潰瘍と同様、痛み等の症状を示す場合もあります。胃癌でも早期胃癌であれば、内視鏡治療が行える場合もあり、早期発見が重要です。胃癌は最近、死亡率が減少しつつあります。早期胃癌の発見率が増え、治る胃癌が増加したためと考えられています。

また、症状だけから推測できる胃の病気もあります。お刺身を食べた後から急に刺し込むような、しぼられるような胃の痛みが繰り返すという場合には 胃アニサキス症を考えます。じんましんを伴う場合もあります。 これは、魚に寄生しているアニサキス虫という20㎜ぐらいの長さの寄生虫を刺身と一緒に食べてしまうことで、この虫が胃の壁に突き刺さるために痛みがでます。 内視鏡でみながらアニサキス虫を摘出するとすぐに良くなります。当院では今までにおよそ600例の胃アニサキス症を経験しました。 この病気が一番多いのはイワシの刺身で、それ以外としてはサバ、アジ、イカ、カツオなどです。

食道の病気コラムTOPへ大腸の病気
樫村胃腸科外科

〒416-0908
静岡県富士市
柚木167-3



TEL: 0545-63-8881
FAX: 0545-63-7212